千の旋律、千の悲哀、千の記憶Dear Loneliness Leave Me Alone

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
渡辺ペコ 「ラウンダバウト」  21:12


渡辺ペコ待望の長編初連載は、市立春日局中学校の2年3組を舞台にした青春群像劇だ。14歳女子の肌理こまかい感情の機微や葛藤が、体育や保健や道徳などさまざまな学校の授業や放課後の部活に絡めて描かれていく。「蛇にピアス」「東京膜」ときた作風が、まさかここで14歳たちを主人公にした王道の物語になるとは思ってもみなかった。1巻における主要登場人物は以下のメンバー。


野村真(ハードボイルド漫画家に想いを寄せる妄想少女)
坂東英子(真の親友)
黒柳徹(真のことが好きな園芸マニア)
草野(彼女たちの担任)
水上たまき(学校をドロップアウトしたクラスメイト。愛読書「QJ」)
野村優(真の姉:高校一年)


さて、ざっと上記の名前に目を通していただければお解かりのとおり、この主要メンバーは「世界ふしぎ発見!」に出演するタレントが元ネタとなっている。なんといっても、各キャラクターの設定が上記の番組を踏襲しているという事実から眼を背けることができない。バカさと末っ子的無邪気さを兼ね備えた真。知らず知らずに設定したキャラクターを変えられずしゃしゃりでてしまう英子。洞察力と聡明さをもった黒柳。全員をまとめる立場の草野。なんだろう、この見事に腑に落ちる感覚は。あとは小林麻耶的役割さえいえれば完璧じゃないか。彼女の意図するところが全くわからない。単なる思いつきなだけにもとれるし、「キャラクター」という要素に対する強烈なアイロニーにもとれる。でもどことなく痛快な気分になってしまうのは、それが見事に嵌まっているから。劇中、随所にオフビートなギャグや小ネタが効果的に挿入されているが、そこにも光るものを見出すことができた(それは、あいだ夏波「スイッチガール」のような女子のリアリズムに根ざしたものではなく、東村アキコのような特定世代の感覚を絶妙にくすぐるものだ。真が読んでるマンガが「特攻の拓」だとか)。


続きを読む >>
| manga review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
デビュー作には作者の全てがある。 19:15


小玉ユキ 「光の海」(フラワーコミックス)




 一昨年の岩本ナオ(「スケルトン・イン・ザ・クローゼット」「Yesterday,Yes A Day」)に続き、またしても驚嘆すべき才を有した作家が小学館「flowers」より単行本デビューを果たした。小玉ユキ。 かつて、コダマユキという名義で今は無き「CUTiE comic」から漫画家人生をスタートさせたその人だ。と、言っても定期購読していた俺もその当時の作品を記憶していないくらいなので、どれくらいの人がわかるのか定かじゃないけど。


 その当時の作品を含め、未だ単行本化されていない作品はゆうに10作を越える彼女であるけれど、それらを差し置きデビュー作として選ばれたのは「人魚」をテーマに描かれた5編(32ページ)のオムニバス。人魚が条例で保護動物指定され、人間と共生する世界で起こる恋と別れと葛藤とアイデンティティ・クライシスを描いた物語だ。

 人魚という、「半人間」的存在を描くならば、高原英理「ゴシック・ハート」を紐解くわけではないが、「人外(にんがい)」として人間との相克をクローズアップさせたくもなるところ。だが、小玉ユキは違った。非人間ではなく、あくまで人間と変わらぬ存在として人魚を扱う。或る話ではその地の方言を話し、或る話では言葉はしゃべらずとも人間の方が彼女(?)の心の声を聞き、或る話ではオスの人魚の同性愛を描き、或る話では人間同様にオシャレに興味を抱く。その魅せ方たるや、違和感を一切感じさせることなくあまりにも自然であり、ストーリーテラーとして天賦の才を感じさせてくれる。


 人魚がいるその世界が特別なものではなく、そこで暮らす人々の日常や風景の描写に胸を撃たれる。まるで俺たちが生きるこの世界にも、もしかしたら人魚がいるかもしれないと思わせてくれるSF作品。もちろん、ここでのSFとはScience Fictionの略ではなく、藤子F先生的「Sukoshi Fushigi」のこと。仄かな幻想、恋と日常。あぁ、凄い。世界にはこうしてまたとんでもない才能が出てくるんだ。岩本ナオしかり、作家に寄り添い育て上げ開花させたであろう、flowers誌編集者の懐の深さを痛感する。今月からは、「鶴の恩返し」にヒントを得た新連載「羽衣ミシン」がスタートした。またも異形がモチーフとなっているけれど、この作者の力量をもってすれば良作になるのは当然で、だからこそこの手の作品以外のものを読みたくてたまらない。是非とも未単行本化の作品の数々を一冊にまとめてほしいものだ。

 なお、高野文と松本大洋の対談(ユリイカより)から用語を使わせてもらえば、漫画家としての「地肩」の強さも特筆に値する。


収録作品:
『光の海』
『波の上の月』
『川面のファミリア』
『さよならスパンコール』
『水の国の住人』


http://www012.upp.so-net.ne.jp/kodamayuki/
| manga review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
| 1/1 |