千の旋律、千の悲哀、千の記憶Dear Loneliness Leave Me Alone

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
悲しみを決して失いたくない人たちに永遠に愛される唄 16:24


9.11の翌日に発売になるとは何かの縁であるのか。Lirico最新リリースであるScott Matthewの『Scott Matthew』発売まで10日となりました。今回ほど難産だったライナーはないというくらいに苦しんだのですが、上梓して原稿を送付したところ、sinから「かなり苦しんで書いたのがわかるね」とメッセージが。

今回も自分のスタイルは変えることなく、一読して内容と無関係なところからライナーの導入部は書かれています。通奏低音となるテーマは「かなしみ」。"Sad is beautiful"というフレーズをLiricoはそのマイスペに掲げているのだけれど、僕には言葉でそれを補足説明していく務めがあるのです。

僕が春に、mixiの日記でスコット・マシューを紹介した際に冠したタイトル「悲しみを決して失いたくない人たちに永遠に愛される唄」が、今回のプレスキットやサイトの紹介文で使われています(もちろんその時は日本盤リリースなんて夢物語でした)。なんだか、これを読んだ人で「(悲しみを失いたくないって)そんなの当たり前じゃないw」という突っ込みもあるみたいだけれど、それは全くの勘違いというもの。少なくとも戦後の日本社会は「かなしみ」とそれに付随する「喪失」から目をそらしてきましたし、今もそれは変わりません。<かなしみ>が起こることは必然であり、生きている以上避けては通れぬ道であることも頭の中では理解しているのに、(自分に対する)被害を最小限に食い止めるために思考停止を選択する人々のなんと多いことでしょう。「グリーフ」と「ビリーブメント」に対するケアは日本以外ではしっかりと確立されているのに、こっちではその用語について事細かに説明できる人は少ないのですね。たとえば、フリードリヒ・ニーチェは「悲劇は人生肯定の最高の形式である」と『悲劇の誕生』の中で言っているのに。


僕がタイトルにつけたのはどちらかというと反語的な意味合いも込めていて、「かなしみがなくては生きていけない人たち」ということです。僕はそうですが、皆さんはどうなんでしょう。僕にとっては喜怒哀楽のうち、「喜」も「楽」も、クソどうでもいいですよ(「怒」はとても大切ですけどね)。その二つがやってくるのは365日のうち2日ほどあればいいんです。あとの363日は、かなしみのことばかり考えていますよ。なんかいいことないかな、じゃなくて、なんもいいことなくて良いんですよ。喜びと楽しみを放棄し、こんなもの不必要だと切り捨てたときに、はっきりと見えてくるものがあります。かなしみからはじまるものがあります。

(そういう意味では、二か月前のタマスのライブは究極までにかなしくて素晴らしかったですね。あんなにかなしいライブは人生で味わったことはなかったです。それなりにライブに行ってきたつもりではありますが、断言できます。「いっそ時間が止まればいいのに」ではないんですよ。多幸感はかなしみに覆い尽くされてしまいました。青山グローリーチャペル公演の最後の最後、ノンPAで唄われた"Grace And Seraphim"。葬送曲でもあるこの歌が流れているときに、「今ここで死んじゃおうかな」と本気で考えていました。)

漢字源によると「悲」は「非」と「心」というパーツに分けられるそうです。「非」は羽が左右に反対に開いたさまらしいんですね。だから「心」を二つの羽が引っ張っていることを意味するらしいです。そこから、心が調和統一を失って裂けていき、転じて胸が裂けるようなせつない感じのことをいうようになったそうなのです。

ですが、僕はもっと希望をもった見方をしています。二つの羽によって「心」が空に舞っているようなイメージを。「心」が押し潰されたりするような重圧から解放されるような。かなしみがなくては生きていけないのです。そんな人たちに永遠に愛されるであろう唄、それがScott Matthewの『Scott Matthew』です。

今年の春の日記ではこんな風に書いています。

彼の声に含まれる底なしの悲しさと無限の優しさを共有したり理解できない人は、きっととても幸せなんだと思う。毎日が充実していて、たくさん笑いあって、理解してくれる人々に囲まれているんだ。胸を張って陽の当たる道を歩いてきたんだろうし、これからも歩いていけるんだ。スコットの歌声は、日蔭しか歩けない僕らのような人間にとって、足元を照らしてくれるダウンライト(足元灯)のようなものなんだよね。ささいなことで転んでしまって起き上がれなくなる人間が、そんなことにならないように小さな小さな光を当ててくれる。そこ、段差あるよ。そこに大きな石があるよ。溝もあるから気をつけてね。暗がりの道のなか、その仄かな明かりを頼りにして僕らは蝸牛のような遅さでも進んで行くんだ。でも、彼の歌声によって気づかされるだろう。闇は本当は明るいんだということを。決して真っ暗なんかじゃないんだということを。
| disc review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
悲しみの四部作(Sorrow Tetrabiblos)、その三 10:31
タマスツアーの終了に一息ついたのも束の間、僕にはライナーの締め切りが迫りつつあることを思い出したのでした。あの感動の余韻に浸りたかったのに、無情にも時は止まってはくれないのですね。

ツアーにお越しいただいた方は、会場で配布されたフライヤー類の中にLiricoのネクストリリースに関するものを見つけられたかと思います。本当はライブ開演前のSEに鳴らそうと思っていたのですが、「出し惜しみしなくては」というsinの一声によって実現叶わず。

ニューヨーク在住のオーストラリア人SSWのScott Matthew。光栄なことにLiricoは彼のデビューアルバムの日本盤を9月にリリースすることになりました。



http://www.myspace.com/scottmatthewmusic

個人的にも2008年上半期ベストの作品(身内関連除く)の国内リリースに携わることができて嬉しい半面、「(こんなビッグネームなのに)いいのかな?」と戸惑ってしまう気分が無きにしもあらずです。なぜに他のレーベルはこのような名盤を華麗にスルーしているのか。本当に理解に苦しみますね。ウタモノは売れない時勢ですが、だからといって黙殺はないでしょうに。

現在は、どんな風にライナーを構成しようか練りこんでいる段階です。さすがにビッグネームだけあって、好き放題書くわけにはいかないでしょうし(普通に輸入盤が買える=ビッグネームという僕の認識です、悪しからず)。ましてや今作はある特定のフィールドの方を意識せざるをえないわけです。すなわちゲイの世界の人々を。そんなことを、sinはスコットのマネージャーから注進されたそうですが、それで売り上げが増してくれるなら願ったりですね。どんなジャンルでもそうですがゲイマネーを侮るなかれ、ですね。Liricoのリリースも"ダイバーシティ&インクルージョン"を徹底するという世間の潮流に乗っかったということで。

Scott Matthewの歌声は、僕にとっては全ての痛みや悲しみを引き受けてくれる身代わり王でもある。と、ここで以前にmixiに書いた日記を引用しようと思っていたのだけれど、ライナーにそれらの言葉を転載するかもしれないのでやめておきます。


そして今作は、Liricoの「悲しみの四部作」その第三弾となります。

友人たちとの馴れ合いや群れからのドロップアウトを声高に主張し、誰しもが簡単に到達できるステージではない「孤独」へと至るための自己研鑚の結晶を作り上げたEgil Olsenの「I am A Singer/Songwriter」。

自分たちが生きている日常の幕を引っぺがせば、その下には数多くの死体がうず高く積まれ、簡単に消えていく命の火があることを想像力で気づかせようと試みたTamas Wellsの「Two Years In April」(関係ないですが、あのライブを見て、一曲に込められたストーリーとメッセージを知ったうえでアルバムを聴けば、この一枚が空恐ろしいまでの傑作であることを痛感しますね)。

そして、自分自身の存在の危うさや抱えた病理と暗闇の部分を見つめ、大切な人であっても分かり合えないことを認識し、全ての終わりは悲しみに辿り着き一人ぼっちになることを確認すること。その上で自分の中の悪魔こそが最良の友人であることを受け入れるべきと諭したScott Matthewの「Scott Matthew」。


さまざまな種類の悲しみから生まれた作品をリリースすることになりました。そして、おそらく年末にはそれらの集大成となる作品が控えていますが、これについては時機が到来すれば書くことにします。Liricoはこの世界の全ての悲しみの音色をつまびらかにするまで止まることはできないのです(無理やり止められる可能性は高いですが)。フラジャイル、マイノリティ、サッドネス、トワイライト、よくもまあこんな一般受けしないキーワードだけでレーベルをやっているなあと思いますが、それはいずれ他に類を見ない形となってくれるんじゃないかなと。


ご存じでしたか? はるか昔の日本人は、「愛しい」と書いて「かなしい」と読んでいたことを。僕たち日本人は「かなしみ」を追い求め、真摯に対峙し、それぞれの感情の綾の中から様々なことを見出してきたのです。それがDNAに刻み込まれているのです。悲しみ(哀しみ/愛しみ)を否定してはいけないのです。
| disc review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
Lirico第4弾リリース 「Sweetly Elegiac Lullaby (From Norway)」 19:20


いつ発表できるのだろう、もういいのかな?と待ちくたびれて数週。今月発送のp*disのメルマガにて最初の一報が出ましたので、これをもって解禁と解釈し、ここに皆様に速報としてお知らせさせていただきます。


昨夏のタマス・ウェルズのファーストアルバム再発から沈黙すること8か月。ようやくLiricoの第四弾リリースが決定いたしました。スカウティング活動に励み、幾度となくリリース候補の報告を挙げるも(音源を送るも)、A&Rのsinは一向に首を縦に振らず。


「次のアルバムまで様子を見よう」
「ちょっとカラーじゃないね」
「ボーカルの声質が弱いね」
「キラーチューンがないよね」
「面白いけどバンドサウンド過ぎるかな」
「次はスウェーデンあたりがいいな」
「録音がもっとマシだったらなあ」


Liricoというレーベルは、スカウトマンである一本道ノボルの感性が鋭敏に反応したのち、さらにsinの琴線を通すという二重の濾過装置によって方向づけられているわけですね。幾ら兄弟とはいえこの二つのフィルターが合わさる部分は非常に狭いと言えましょう。僕の間口は広いけれども、sinによるビジネス視点が介在すると途端にせばまるのは当然だけれど。Liricoに対するヴィジョンが明確であればあるほど、事は上手くは運ばないわけです。軸になるものがブレないことを何よりも大切にしているから。ゆえに依然、白鳥(レーベルロゴマーク)飛び立たず、なのだ。
続きを読む >>
| disc review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
悲しいけれど、生きていかなきゃ、なんだ。さよならだけが人生だ。 13:52


誰とも分かちあえない悲しみが、こんなにも胸を苦しくさせるとは・・・。今になって知った。ノルウェーの気鋭のSSW、Thomas HansenことSt.Thomas(Saint Thomas)が31歳の若さで、先月10日に亡くなっていたことを。"unfortunate combination of prescribed drugs"と、レーベルサイトでは発表されている。処方された薬の不運な組み合わせって、それはつまりどういうこと!?


悲しい。あまりにも悲しい。彼の喪失は、僕の音楽生活から一つの輝きを確実に失わせてしまった。2004年、とうさいさんからいただいたコンピに収録されていた楽曲によって彼の存在を知り、手に入る全てのCDを買い漁ってから3年の月日が流れた。メロディカやハーモニカとアコギによって、ややもすれば牧歌的に振れすぎるくらいの彼の音楽性だったけれど、アメリカの良質ウタモノレーベル「MISRA」からリリースされた唯一のインターナショナルアルバム「I'm Coming Home 」ならば、比較的容易に入手できると思うので、是非手にとっていただけたらなと思う。

続きを読む >>
| disc review | comments(2) | - | posted by 一本道ノボル
A Nostalgic Wind Blows(Homespun Tapes) 22:14



秋がようやくやってきてくれた。待ち焦がれたよ、秋。ロングカーデを
羽織って、PCに向かい、新しいプレイリストをせっせこ作る。夏の終わりと
秋の始まりを時系列に並べただけの、でもそれだけで風景や色合い
や気温が変わっていくような、そんなリスト(になってくれている
と思う)のプロトタイプができあがる。


続きを読む >>
| disc review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
上半期ベスト(音盤リスト/ただし簡易版) 13:50
一本道ノボルによる上半期の音盤ベストリストをようやくドロップ。
ただし、ここでは各作品に対する解説は割愛した簡易版を。現在、
こつこつとアルバムごとのテキストを書いている最中なのだけれど、
いつまで経っても終わらない故、リストだけでも先にと。

アーティスト列記だけではあまりにも味気ないので、各々のmyspace
へ跳べるようにしておきました。ご試聴あれ。このリストの中には、
当然ながら次なるLiricoリリースへの布石も含まれています(ただいま
審議中)。


内容は主にマイナーなSSW等が中心。myspaceのフレンド数がU-3000
クラスの。但し、hueおよびLiricoという自分たちが関わったリリース
アイテムは除くこととする。そして、アーティストから提供された
未発表のデモ等も除く。誰もが聴取可能なものでまとめあげる。
よって旧作からも軒並みエントリー。限りなく恣意的に並べられて
はいるけれどあくまで順不同を押し通しつつ、「アーティスト名/
アルバム名/レーベル名」の順番に記す。私はLiricoのリリース発掘
を担当しております故に、今年聴いた音源は極めて偏っていることを
最初にお断りしておきます。うーん、たくさん漏れている気がする
けれど、後日こっそりと追加されているかもしれません。このリスト
の多くはiTunes Storeで購入したりしてます。すっかり購入基盤が
変化してしまった2007年と言えるのではないでしょうか。



続きを読む >>
| disc review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
Radical Face 『Ghost』(2007/MorrMusic) 13:09


やさしき追憶の幻像よ! 名もなきあえかなる存在よ! 失われし愛しきものすべて
の面影をまとって、この胸を振るわせる。――消えさった懐かしきものの亡霊よ・・
・・わたしが来るのを待ちわびる切なげな目――忘却に抗おうと訴えるかすかな
声――埋もれた手で触れられたしびれるような感触・・・・。(小泉八雲 『幽霊』
より)



 アメリカ合衆国東南端に位置するフロリダ州の商業都市、ジャクソンヴィルに拠を置く若者が、”Radical Face”という名義で「正式」にリリースする初めてのアルバムは、その名と存在を世界に轟かせる端緒となるだろう。後年のち回顧した際に。その男の名はBen Cooper。まだ四半世紀も生きてはいない。音楽家としてのキャリアもまだ始まったばかり。だが、憶えておくにこしたことはない。様々な名義を駆使して活動を行う彼の動向を気にかけておいて損はない。そして彼が世に送り出す楽曲に、耳を傾ける時間を割いてもらいたい。そこには音楽を通して様々なものが見えてくるだろうから。


 あるいは、Radical Faceという名義は知らずとも、Electric Presidentという名前ならばアンテナに引っかかる人も中には多いかもしれない。昨年、Morr Musicからデビューを果たした二人組ユニットであり、その片割れこそがBen Cooperだ(相棒はAlex Kane)。グリッチノイズの中から立ちのぼるメランコリックなメロディと鼻歌のごとき軽やかさを醸す歌声に魅了された人に、僕は伝えたい。エレクトロニカサイドのアウトプットがElectric Presidentとすれば、Radical FaceこそはBenにとっての真の姿をさらけ出すものだ。あくまでも共同作業の前者とは違い、発想とコンセプトメイキングとソングライティングとセルフプロデュースの全てを己で責任を負うRadical Faceでの活動は、完璧主義者の彼による理想の姿の具現化となっているのだろう。


 そんなBenがRadical Faceとしての活動をスタートさせたのは、今から数年ほどの時間を遡行する。その時の名義は「Radical Face vs. Phalex Sledgehammer」というものだっ
た。これまで1枚のアルバム(『The Junkyard Chandelier』)と2枚のEP(「Robbing The Grave」「Random Songs」)を自主制作で発表しているが、ここでは紙幅の都合からそれらの音源に関して言及することは断念する。今では入手すら不可能なマテリアルである為だが、またの機会に紹介できるようになればいいなと含みを持たせておきたい。
続きを読む >>
| disc review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
青い目をしたファントム・エンパイアへの案内人 13:45



この音楽が流れている33分間について表現しようと試みたところで、
如何なる言葉も無力なものでしかない。俺が視たイメージを書く
ことでそれに変える。そこは病院だ。鏡を見ることができていない
ので具体的に自分が何歳であるのかはわからない。肌の質感など
からそんなに老いてはいないだろうと判断できるが、既に身体を
動かすことすらままならない。病院であるがここはホスピスだからだ。
俺の身体は癌に蝕まれターミナル期にあるようで、延命治療を拒否
しここに入院している。あくまでQOLの向上にこそ拘泥する。症状
による痛みはコントロールされ、時に意識は朦朧とするも、クリア
な状態を保つことはできている。幾許もない残りの時間、砂時計の
砂が落ちきる寸前のこの時間、人生を振り返っている。大好きだった
女の子たちの顔を一人ひとり思い浮かべている。思い浮かばなく
なっている人もいる。彼女たちの幸せを願っている。リビング・
ウィルについて考えている。臓器は提供できるだろうか。最後まで
誰かの役に立てるだろうか。茨木のり子の詩「ぎらりと光るダイヤ
のような日」の一説を思い出している。


  世界に別れを告げる日に
  ひとは一生をふりかえって
  じぶんが本当に生きた日が
  あまりにすくなかったことに驚くだろう

  指折り数えるほどしかない
  その日々の中の一つには
  恋人との最初の一瞥の
  するどい閃光などもまじっているだろう

  <本当に生きた日>は人によって
  たしかに違う
  ぎらりと光るダイヤのような日は
  銃殺の朝であったり
  アトリエの夜であったり
  果樹園のまひるであったり
  未明のスクラムであったりするのだ


さて、そろそろ世界に別れを告げなくちゃいけない時間がやってきた
ようだ。でも、大昔に聴いたこのアルバムの美しい音が鳴り終わる
までは、待ってほしい。たった30分のことだ。それくらいはサービス
してくれてもいいんじゃないか? 最後のお願いだ。どうだい、
美しいだろう? まるで白鳥の歌ばかりが詰まっているように聴こえ
ないか? 
続きを読む >>
| disc review | comments(0) | - | posted by 一本道ノボル
| 1/1 |